×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音楽オーディション情報のMusic Audition Information デモテープ制作                               

音楽オーディション情報のMusic Audition Information デモテープ制作
オーディションのデモテープ作成に関してはオーディション主催会社が作り方として記載されている所もあります。これに関してはオーディション主催会社側を参考にされるのが一番ですが、音質に関して、もちろんいいに越したことはありません。ただポイントとしいて、ボーカルなどを主に審査したいオーディション主催会社カラオケでもOKだったりしますので、ボーカルメインボーカルがはっきり聞こえるように作成しましょう。また、バンドでもここらへんは難しい所ではありますがなるべくボーカルが聞こえるように作成しましょう。録音機材的に考えた場合はピンからキリまでなので、ここはなるべくほどほどがいいと思います。なぜなら、こってしまうときりがないからです。録音的にはつきつめると時間がいくらあってもたりなくなってしまいますので、ほどほどがめあすです。もちろんスタジオなんかで完成度高い次元までもっていってオーディションも全然OKですが、またオーディション主催会社が好むジャンルによっては、わざとローファイの音にしたり、わざとノイーズを入れたりといったりというオーディションデモテープを作ることがあるかもしれませんが、まぁここらへんはセンスと判断力のよる所の比重が多くなりますが、ここでは、だいた世間一般的ジャンルに対してコメントしています。世間一般的なジャンルはボーカルメインデモテープ作成が基本です。ですので、ボーカル希望の方はがはっきりでバックがある程度聞こえるのがベストです。それと、ボーカルメインオーディションの場合逆に録音機材のコンピュター(音声処理)を嫌うところもありますのでよく応募するオーディション主催会社オーディション内容をよく読み理解した上でデモテープを作成することが重要になります。あと録音形態ですが、MDとCD-Rがほとんどがメインとなります。このことに関してはオーディション主催会社オーディション募集の募集メディアなどを参考にしてください。